×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【求人 航空】航空関係の仕事をめざす

【パイロット】
パイロットになる方法をリサーチしたところ大きくわけて2つの方法があることがわかりました。
一つめですが、まずは航空会社に入社することです。
自社でパイロット養成を行う航空会社の採用試験に合格し、その後約4年間の訓練を受けるというものです。
もう一つは航空大学校に入学します。
航空大学校を卒業した後に航空会社にパイロットとして採用される。
以上、2つの方法があります。
いずれの場合でも航空会社入社後に、事業用操縦士の資格を取得する必要があります。
また定期便に乗務する場合は定期運送用操縦士の資格が必要です。

【エアポートスタッフ】
エアポートスタッフになるには英語力が必要になります。
ですので英語力のつく専門学校や航空大学にて就学・卒業した後に
航空各社が運営している旅客ハンドリング会社の採用試験を受験・入社するのが一般的です。
【客室乗務員】
まずは航空会社の採用試験に合格しないといけません。
採用されると契約社員として3年間勤務したあと正社員になるケースが一般的のようです。
採用後に新人訓練があります。かつての「スチュワーデス物語」を思い出してください。
この訓練に合格しないと旅客機に乗務することはできません。
採用基準は航空会社により異なるようですが、英語力は必要とされています。
ドジでノロマな亀でいいかどうかはわかりません。。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

【求人 航空】エアポートスタッフ について

エアポートスタッフ は「地上のキャビンアテンダント」とも称され、航空業界では客室乗務員と並んで人気の高い仕事です。
主な業務内容ですが 
■搭乗手続きなどのチェックインカウンター業務
■搭乗券の半券を回収し乗客を客室乗務員へと引き継ぐランプゲート業務
■到着便の乗客を出口へと案内する到着/乗り継ぎ旅客の誘導
■ファーストクラスの乗客が利用するVIPルームでのラウンジサービス業務
主な業務は上記のようになります。
(主なものだけです。細かいものはもっとたくさんあります)
さらに経験を積んでいくと発券の業務を担当することにもなります。
ドメスティック(国際線)の場合はパスポートや予防接種証明書など出入国に必要な書類の確認などデリケートで責任重大な業務があります。

【求人 航空】客室乗務員 について

客室乗務員は日本の航空会社における正式名称は「キャビンアテンダント」といいます。
外資系の航空会社では「キャビンクルー」という名称が一般的なようです。
客室乗務員はパイロットと並んで航空業界では今でも人気が衰えないポジション。
主だった業務の内容は
■旅客機に乗務しての乗客案内
■機内アナウンス
■離発着の安全確認
■機内食/雑誌類/ブランケットなどの乗客サービス
上記のようになります。
客室乗務員 は全員が全員長く勤めるわけではありません。
30歳前後で離職する方も少なくありません。
業務中のふとした出会いで結婚退職というケースもあるのでしょうが、
シングルで退職 ⇒ その後 一般企業で秘書になるケースも割りとあります。
もともと綺麗な方が多いですからね。
立ち居振る舞いも訓練されてますから秘書となる素養はもっているのでしょう。

スポンサードリンク

Copyright © 2007 求人 航空関連のお仕事navi 〜パイロット、エアポートスタッフ、客室乗務員〜